レーザー脱毛の施術は痛いのか

レーザー脱毛の施術には、痛みが生じる事は多いです。どの程度の痛みになるかは、個人差はあります。肌が乾燥しがちな方や、体調があまり思わしくない時は、痛みも大きくなる傾向があります。それとパーツです。大きな痛みが生じやすいパーツもあれば、耐えられない程度でないパーツもあります。

ただ病院の担当者に相談すると、麻酔などで対処してくれる場合があります。

レーザーによる痛みと日数経過による変化

レーザー脱毛は、確かに痛みを伴う事も多いです。脱毛の痛みは、輪ゴムで表現される事があります。輪ゴムで肌を弾かれる程度の痛みと言われる事も多いです。ところで医療機関による脱毛は、よくエステサロンの脱毛の施術と比較されています。

エステサロンの場合は、レーザーは使用しません。フラッシュの光で施術を行う訳ですが、レーザーよりは痛くないという声も多いです。しかし時期が経過すると、状況が変わる場合があります。体毛の量が減るからです。そもそもレーザーによって痛みが生じる理由の1つは、熱です。

レーザーが体毛に照射されると、熱が発生する仕組みになっています。ところで脱毛クリニックに通い始めた頃は、まだ体毛の量が比較的多いです。しかし何ヶ月間クリニックに通い続けると、徐々に体毛の量が減ってきます。

その体毛の量は、痛みの強さにも大きく関わってくる訳です。体毛の量が多ければ、レーザーで発生する熱の温度も高くなります。しかし体毛の量が減ると、必然的に発熱量も減少する訳です。最初の内は施術で激痛を伴っても、ある程度通いつめている内に、ほぼ無痛の状態になったという実例もあります。

冷却機能があるマシンとその痛み

ところでレーザー脱毛を行っているクリニックは、沢山あります。それぞれ採用しているマシンも異なります。レーザーの出力が強いマシンもあれば、やや特殊な機能を備えているマシンもある訳です。中には、冷気が放出されるマシンもあります。

そもそもエステサロンなどで施術を受けますと、冷却ジェルが塗られる事もあります。肌の表面が熱を帯びたままですと、トラブルも起こり得るからです。ですから冷却ジェルを塗った上で、フラッシュが照射されるサロンもあります。

そしてクリニックによっては、冷却機能があるマシンを採用しています。一部のマシンには、レーザーが放出されると同時に、冷気を出す機能も備わっています。確かに体毛にレーザーが照射されると、若干の熱は発生します。

しかしマシンから冷気が照射されるので、直ちに冷やされる訳です。その冷却機能により、施術ではあまり痛みが伴わないクリニックもあります。マシンによって、痛みの度合いも異なる訳です。

関連記事:自宅でレーザー脱毛できるマシンでムダ毛のない美肌へ

パーツによる痛みの違い

ところでクリニックで施術を行うパーツは、色々あります。脇の下に対する施術を希望している方々は多いです。その他にも、デリケートゾーンや顔などのパーツもあります。どのパーツに対して施術を行うかにより、痛みも異なる訳です。

デリケートゾーンに対する施術の痛みとその理由

痛みが比較的強いパーツは、デリケートゾーンです。VIOやハイジニーナと表現される事もあります。デリケートゾーンの痛みが強い理由は複数あって、その内の1つは体毛の太さです。上述の通り、体毛の量が多ければ発熱量も大きくなります。

デリケートゾーンというパーツは、硬毛が多いです。他のパーツよりも体毛が濃い上に、太さもあります。必然的に発熱量が高まり、痛みも少々強くなる訳です。その他の理由は、皮膚の薄さです。ハイジニーナという箇所は、他のパーツよりも皮膚が比較的薄いです。

痛みにも少々敏感なので、強い痛みを伴う傾向があります。それと色素です。人によっては、そのパーツに色素が沈着している事もあります。メラニン色素が多い状態だけに、レーザーによる発熱量も大きくなる訳です。

筋肉や脂肪が少ないパーツの痛み

また膝や足の甲や指なども、やや強い痛みが生じる傾向があります。その理由は筋肉です。そもそもレーザーが照射されても、筋肉や脂肪の量が比較的多いなら、痛みは生じづらい傾向があります。ところが膝や足の甲などのパーツは、ほとんど筋肉がありません。

ですから思わぬ激痛が生じて、驚いてしまう場合があります。また眉付近やうなじというパーツも筋肉が比較的少ないので、激痛を伴う場合があります。

あまり痛みは強くないパーツ

逆に、痛みはそれほど強くないパーツもあります。例えば脇の下です。そのパーツの場合は、体毛の量自体は比較的多いです。他のパーツよりも毛が密集していますから、やや強い痛みを伴う傾向はあります。しかし脇の下というパーツは、あまり面積は広くありません。

必然的に施術の時間も短くなりますから、「短時間なら耐えられる」という声も多いです。また膝下や肘下も、やや痛みが強いこともあります。

そのパーツの場合、肌に何かのダメージが蓄積していると、やや痛みが強くなる事もあるからです。ですが、保湿ケアで対応しやすいパーツでもあります。

十分な保湿ケアを行って、肌の状態を良好にしておくと、痛みも弱くなりやすいパーツです。

体調や肌の状態などの個人差と施術の痛み

またレーザー脱毛の痛みは、個人差もあります。例えば肌の乾燥です。肌の保水性などは、人それぞれ異なります。いわゆる乾燥肌の状態ですと、表面のバリア機能が少々弱くなってしまい、施術で大きな痛みを伴う事もあります。

しかし保湿ケアを行っておけば、痛みも弱くなりやすいです。それと施術当日の体調です。施術を受ける当日は、必ずしも体調は良好であるとは限りません。何らかの理由で体調が優れないと、肌も敏感な状態になりますので、レーザーによる痛みも強くなる傾向があります。

人それぞれ体調や肌の状況は異なるので、どうしても個人差がある訳です。

担当者に相談すると痛みが弱くなる事も

ただ脱毛クリニックの施術が痛い時でも、担当者が柔軟に対応してくれる場合があります。デリケートなパーツに対してレーザーが照射されますと、確かに激痛を伴ってしまう事はあります。その際には、どうしても痛みに耐えられない旨を病院の担当者に伝えてみると、何らかの方法で対処してくれる事があります。

そもそもクリニックのマシンは、レーザーの強さを調整する事も可能です。レベル3やレベル4など色々な強さがありますが、痛みに耐えるのは困難な時は、担当者が出力を弱くしてくれる事もあります。それと麻酔です。脱毛クリニックによっては有料の麻酔もあります。

それを使用すると、だいぶ痛みが和らげられる事もあります。